カテゴリー
  • カテゴリーなし

高度経済成長とその終焉

日本経済が最高潮だったバブルが終わり早20年以上が過ぎた。
高度経済成長、商品を作れば売れ、会社の業績は上がり、個人の給料は右肩上がりに上昇していき、高収入の人達が増えていった。
高収入の人達は消費を拡大し、最低限生活必需品のみならず、様々な娯楽も増えていった。
娯楽以外にも、様々なところにお金を費やし、投資や投機を行う人も増えていった。
個人間でも投資の対象となったのが、副業としてのマンション投資だ。
バブル時代は土地や株価がうなぎのぼりに上昇していたので、それに合わせて投資や転売目的でマンションを購入する人が増加した。
このまま土地や地価が上昇することを見込み、新築や中古のマンションを購入し、高値になったところで転売しようという考えだ。
勢い良く伸びていった日本経済の成長も、そう長くは続かなかった。
1993年にバブルがはじけた。上がりに上がった地価や株は今までとは比べ物にならないほど下落の一途をたどった。
一つの会社に正社員として勤め、高収入を得るのが以前に比べて難しくなってきた。
そのころから、副業を行う人達が増えてきた。副業を行うことで、高収入を得るひとも中にはいた。
商品が売れなくなるにつれ、ライバル会社の研究やCS調査に力を入れる企業も増えてきた。
そこで出てきた高収入の副業がミステリーショッパーである。
ミステリーショッパーとは、覆面調査のことである。指定された店舗に一般客として入り、お店について調査する。
ミステリーショッパーとしてお店に行くと、お店の利用料金が派遣元の会社から出されることが多い。
そのため、割の良い副業として、ミステリーショッパーは人気が出てきた。

イチ押しリンク

ミステリーショッパーで楽しくお小遣い稼ぎ!【メディアフラッグ】
CS調査についての詳細情報はこちらをご覧ください!;J.D. Power
甲府でおすすめの求人ならこちら|甲府ちゃんねる求人

カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930